スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【野立て】久々の太陽光発電ネタ!〜チャレンジ編〜 vol.1【50kw】

毎度ご無沙汰しております^^;

今回のネタは、公開するか否か悩みましたが・・・

実はこの1年、表題の通り!
50kw規模の低圧連系産業用太陽光発電システムを設置すべく、駆けずり回っておりました。

昨年のGWに業者と契約を交わし、丸1年かかってようやく実現しました。

毎度のごとく、どなたか1人でも参考にしていただけるのであればと、その足取りを記録したいと思いました。


今回はまず、そもそもなぜ産業用太陽光発電なんぞに手を出したのかについて。

我が家の自宅に家庭用太陽光発電を設置した時と同様に、エコやCO2削減のためではありません。

投資です!

老後の年金不安に備えて・・・っつーわけでもなく、もっと目先の学資保険的な考えで始めました。

我が家には息子が3人もいますんで、どうなるかは置いておくにしても3人が3人とも大学進学を希望するとしたら、そら〜家計も火の車になるのは目に見えています。

そしてそれは、今年小学3年生になった長男を皮切りに、10年後には直面する危機なのです。。。

色々な情報が割りと簡単に手に入り、色々な事が自分で動けるようになったこのご時世。
何もしないよりは何か行動すべし!と考えた次第であります。


周りからよく、「今更太陽光発電なんて、売電単価も下がってしまって採算取れんのでは?」と言われますが、私はまだまだイケると判断しました。

確かに売電単価は随分下がってしまっていますが、比例して設備にかかる初期費用もこの数年でさらに安くなっていますので、利回りで言うならば他の投資案件に引けは取らないと思っています。

例えば、ザックリ3年ほど前だと50kw規模をやるなら2000万円前後必要だった初期費用が、現在なら1500万円ぐらいに抑えることができます。まぁ、土地代次第ではありますが。

今更遅いというよりむしろ、平民の私どもでも手が出せる時期が来た!とも言えるのではないでしょうか(苦笑)


そんなこんなでデカイ勝負に出てみたわけですが・・・
次回から、その実現に至るまでの足取りを少しづつご紹介していきたいなと思います。

(続く・・・)


太陽光発電事業を始めたい方はこちらまで!






スポンサーサイト

テーマ : ゼロからの資産作り
ジャンル : 株式・投資・マネー

【格安SIM】 auからLINEモバイルへ vol.3 【MVNO】

【格安SIM】 auからLINEモバイルへ vol.1 【MVNO】

【格安SIM】 auからLINEモバイルへ vol.2 【MVNO】


今回は、番外編です。

まずは、前回の記事で「最初にエントリーパックを買いましょう」とご紹介しましたが。。。

実は当方、最初にMNP転出予約をしてしまいました(;´Д`)

それからLINEモバイルのエントリーパックを購入したところ、乗り換えユーザーが多いためか、エントリーパックの入荷が遅れていますのメールが来て・・・amazonプライム会員にも関わらず、到着まで5日かかった結果・・・

予約番号の残日数が足りず、LINEモバイルの申し込み手続きが出来ずΣ(゚Д゚)

まぁでもこれ、同じ目に遭う方も多いんじゃないですかね^^;

対処法としては、まずau(もしくはご契約のキャリア)のサポートに再度電話して、MNP転出予約をキャンセルします。

そして再びMNP転出予約を取り直すわけですが・・・同日には手続きできないそうで、翌日以降にまた電話しなくちゃいけません(´ε`;)

新たに予約番号の残り期限が14日になったところで、ようやくLINEモバイルの申込みができました。

当方と同じハメにならぬよう、ご注意くださいませ(;´Д`)


そしてもう一つ!

au契約時にSIMロック解除を行っていたわけですが、その後落下で画面がバッキバキに割れてしまったため、applecare+で端末交換を行っていたことに気付いたわけです。

こういう場合って、新しく交換してもらったiphoneのSIMロックってどういう状態なんだろうとappleに問い合わせてみた結果、

一度SIMロック解除を行っているのであれば、交換後の端末でもSIMロックはかかっていないとのことでした。

ただ、ネットで調べた限りでは、その明確な仕組みがイマイチわかりませんでしたので、

念のため、SIMロック解除済みの端末を修理に出す場合は、その旨をappleのサポートセンターに伝えておいた方が安心かと思います。


最後にオマケネタとして・・・

LINEモバイルはSNSのデータ通信がカウントフリーってのが最大の魅力かと思いますが、通話料が30秒20円って点が気になる方も多いと思います。

それに比べて他社では、別途アプリを介して通話すれば半額の30秒10円で通話が可能と謳っている格安SIMもあります。

例えば楽天モバイルのアプリ「楽天でんわ」なんかがそうですが、実はコレ・・・

楽天モバイルで契約してなくても、楽天でんわのみ利用契約できるって知ってました?

そうです。LINEモバイルユーザーでも、楽天でんわアプリを介して30秒10円で通話できるんです。

但し、楽天モバイルの「5分以内の通話は無料」プランなんかは当然使えませんけどね(;´∀`)

まぁ、そこんトコも含めて、ご自身に合ったMVNOを検討していただければと思いますm(_ _)m








テーマ : MVNO(仮想移動体通信事業者)
ジャンル : 携帯電話・PHS

【格安SIM】 auからLINEモバイルへ vol.2 【MVNO】

(〜前回からの続き)




エントリーパック買いました?w

これにはただエントリーコードが書いてあるだけで、SIMも何も付属されていません。
公式サイトから申し込む際に、初期費用の¥3000(正確にはSIM発行費用として+¥400)がサービスされるコードを¥990で買うわけです。ややこしい大人の事情です(;´∀`)


エントリーパックが手元に届きましたら、次はau(もしくはご自身が契約されてるキャリア)のカスタマーサポートに電話して、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の転出予約番号を発行してもらいましょう。

まぁ、ショップに出向いても手続きできると思いますが、電話でもそこそこ繋がりやすい方かなと感じました。
(転出するユーザーが多すぎてオペレーターを増員してるとか??(;´∀`))

MNP転出予約番号は、発行から2週間しか有効期限がありません。
転入先(ここではLINEモバイル)の申し込み時にも、予約番号の有効期限が残り10日以上必要などの条件がありますので、端末の準備やエントリーパック購入等を事前に済ませておく必要があるわけです、ハイ。


それでは、いよいよ申し込み手続きです。

LINEモバイル公式サイト

途中で身分証明書の画像送信などがありますので、ぶっちゃけスマホで手続きした方が手っ取り早いです(^_^;)
ちなみにiphoneの場合はナノSIMを選択しましょう。

手続きしましたら、翌日あたり手続き完了のメール→SIM発送通知と、3,4日もあれば手元にSIMが届きます!


SIMが届いたら、まず!
今度はLINEモバイルのカスタマーサポートに電話しましょう。開通&MNP転入手続きです。

手続き完了後、1時間もしない内に、元のキャリア(私はau)の電波が圏外になります。まぁメールでも通知が来ますが、これが開通の合図みたいなモンです。


ここでようやく新しいLINEモバイルのSIMと差し替え、起動後appleIDやパスワードの入力を経て、Docomoの電波を拾います。

次にAPN設定を行います。これをしないとモバイルデータ通信ができません。

APN設定方法

これをwifi環境下で行う必要があるって点が要注意です!


最後に、念のためもう一度再起動しておきましょう!新しい設定がちゃんと反映されない場合があります!

特に問題なければこれで完了ですが、万が一ネットに繋がらないとか電話できない等のトラブルが発生すれば非常に困ると思います。

家族のスマホやPCなど、トラブル時にもネットやサポートに繋げるように対応しておきましょう。


ダダダッと流しましたが、何か参考になりましたでしょうか?(;´Д`)

まぁ・・・詳しくは公式サイトで(;´∀`)


次回、番外編としてちょっと当方で起こったトラブルやちょっとお得な情報などをご紹介します。

(・・・続く)





【格安SIM】 auからLINEモバイルへ vol.1 【MVNO】

今回は珍しく、ケータイのお話。

以前から気になってた、「格安SIM」にようやく乗り換えました!

いつものように重い腰が上がらなかった、っつーわけではなく・・・

今使ってるスマホ(iphone6s)のSIMロック解除のタイミングだとか!
機種代の残債が嫁さんの分と合わせてナンボだとか!
キャリア(au)の解約金がナンボで更新月が何月だとか!

・・・そんなこんなで、ホントようやくって感じです(;´Д`)


我が家は数あるMVNOからLINEモバイルを選びました。

自宅や職場でのネットはwifiですので、毎月のモバイルデータ通信は1GB程度。
普段出先でスマホいじるっつっても、まぁ調べ物以外はSNSぐらいなモンかと。

そのSNSがモバイルデータ通信にカウントされないって点が当方の使用状況にハマってそうでしたので。

まぁ、詳しくはLINEモバイル公式サイトで。


とりあえず今回は、「俺も最近気になってたんだよー!」って人が閲覧されてるかもしれませんので!

当方の場合の、「手持ちのau版iphone6sをSIMロック解除して、格安SIMのLINEモバイルに乗り換え」までの手順を記しておきます。


〜 準備 〜

まずは、SIMフリー携帯端末を準備するか、もしくはSIMロック解除を行いましょう。
お手持ちのケータイがSIMロック解除できるかどうかや解除方法などは、ご契約の各キャリアサイトに掲載されています。

また、MVNO(格安SIMを提供している業者)の中にはDocomoやauのSIMロックがかかったままでも大丈夫だったりしますので、調べてみてください。

ちなみにLINEモバイルも、Docomo端末ならそのままイケます。
結局のところ、Docomoの電波利用してますからね(;´∀`)


IMG_4744.jpg

そしてもう1点。

LINEモバイルもそうですが、初期費用をサービスするキャンペーンコードをamazonなどで販売している業者も複数あります。
乗り換え先が決まったら、まず先にエントリーパッケージを購入しましょう!


それでは次回、手続き方法をご紹介!
(なるべく早く更新できるように頑張ります、ハイ。。。)






【PRADO】構造変更 〜そして4ナンバーへ〜 vol.2【KZJ78W】

ご無沙汰しております(´ε`;)

記事をvol.2に引っ張っておきながら、2ヶ月以上更新が開いてしまい・・・
しかも今年初の更新という・・・or2

頑張って更新再開です!!


78プラドを1ナンバーから4ナンバーに構造変更&車検にかかった費用をまとめておきます。

①希望ナンバー交付 ¥4,200-
②自動車重量税 ¥18,900- (前回記事にした車両総重量2500kg以下にできていれば ¥13,200- の予定でしたがorz)
③自賠責保険料 ¥17,270-
④継続検査(いわゆる車検)持ち込み 自動車審査証紙代 ¥1,300- + 自動車検査登録印紙代 ¥400- 計¥1,700-
⑤構造変更 自動車審査証紙代 ¥300-
⑥用紙代 ¥70-

・・・ちょっと時間が経ち過ぎて、うろ覚えな感もありますが・・・こんなモンだったと思います^^;

合計 ¥42,440-

構造変更はもっと金が掛かるモンだと思っていましたが、案外手軽でした。

ただし、今回自分で陸運局に行ったわけですが、私はある程度事前に点検項目のチェックや整備、オイル交換等を行いましたので、厳密に言うと上記以外の費用も発生しております。

ユーザー車検を自身で行えば確かに最低限の費用で車検を継続できますが、メンテナンスもしないで車に乗り続けるようなことはオススメできません^^;

やはり1年・2年に一度の車検時くらいは、信頼できるカーショップ(資格を有した整備士)に点検してもらいましょう!

勿論、年中クルマをイジくり回し、自分のクルマの状態を熟知しているような猛者はこの限りではありませんが(;´∀`)


まぁ何にせよ、今後は維持費がさらに抑えられ、高速料金も安くなり、ディーゼル車やし、意外と経済的なナナプラです!

・・・嫁は未だに信じてませんけどね(;´Д`)









テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

JAM

Author:JAM
念願のビルトインガレージ付きのアメリカン輸入住宅を新築しました!
ガレージ活動の記録も公開中。DIYの枠を超え、クリエイティブな活動を続けていきたいところです。金無ぇけどw

 
ブログランキング参加中
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
 
カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
FC2カウンター
 
カテゴリ
 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
リンク
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
 
楽天モーションウィジェット
 
楽天モーションウィジェット
 
amazon
 
amazon
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。