スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G.I. Pocket Stove M-1950 (Coleman)

ガレージの整理をしていて、スッカリその存在を忘れていたお宝が出てきました。


DSC_0521.jpg


G.I. Pocket Stove M-1950 です。

GIポケットストーブとは、第二次世界大戦中にアメリカで、

「-51℃~52℃の環境下で作動可能、且つ1クォート(約1リットル)ミルク缶に収まる事」

というアメリカ軍の厳しい要求スペック下でコールマン社が開発した、知る人ぞ知る20世紀の名品。

初期型のM-1942に始まり、M-1945、そして自分が所有しているのが最終モデルのM-1950です。

第二次世界大戦中の従軍記者でピューリッツァー賞を受賞し、その後沖縄で戦死したアーニー・パイルが、「戦争において、武器以外の主要発明品はJEEPとGIストーブだ」と絶賛したエピソードで知られている。

軍需給品として、米軍規格でコールマン社の他にロジャース社、SMP社等、数社で製造されていたようです。


DSC_0523.jpg


写真映りが悪いですが、「US Coleman 1966」と刻印がされています。

年式からすると、実際にベトナム戦争で使用された物かも?


そもそもこれをどこで手に入れたかと言うと。。。

20歳くらいの頃に、主に米軍払い下げ品を売っていた某ミリタリーショップのオヤジと仲良くなり、ちょいちょい顔を出してはマニアックな話を聞かせてもらっておりました。

・・・残念ながら閉店する事になり、非売品の札が貼られてディスプレイされていた、多分オヤジのコレクションだったであろうこのストーブを、特別に安く譲ってもらった物です。


DSC_0522.jpg


年式の割に状態は良く、勿論完動品。

アルミ製の1クォートケースもちゃんと付属しています。

こういう道具は使ってなんぼの理念に基づき、飾らずにキャンプなんかでガンガン使っては、これの放つワイルドでヘビーデューティなオーラに酔いしれたモンですw


自分は思い出なんかにとらわれないタチなので、これも今回のガレージセールで叩き売って資金にしようかと思っていたんですが・・・これは今後も大事に持っていようと思います。


・・・いつの日か息子達が大人になり、一緒にキャンプでも行く機会があれば、コイツで入れたコーヒーを振るまい、ウンチクを垂れて自慢してやりてぇなwww







スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

プロフィール

JAM

Author:JAM
念願のビルトインガレージ付きのアメリカン輸入住宅を新築しました!
ガレージ活動の記録も公開中。DIYの枠を超え、クリエイティブな活動を続けていきたいところです。金無ぇけどw

 
ブログランキング参加中
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
 
カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
FC2カウンター
 
カテゴリ
 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
リンク
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
 
楽天モーションウィジェット
 
楽天モーションウィジェット
 
amazon
 
amazon
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。