スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BMXカブ】走行性能向上計画 ~強化オイルポンプ編~

(〜前回の続き)

ボアアップと並行して、クラッチとオイルポンプの強化を行いました。
現在キックスタートのみの仕様ですので、クラッチの強化は必須と言ってもいいでしょう。
ノーマルのままだとスベってスベってしゃーないし。

DSC_0032.jpg

右サイドカバーを取り外します。この時クラッチ調整用のバネやプレートが脱落しますので、失くさないように注意!

DSC_0033.jpg

オイルポンプはクラッチの裏に隠れていますので、まずはクラッチを外します。
ここでまたまた登場!十字穴付き皿小ネジです。
インパクトショックドライバー大活躍w

DSC_0034.jpg

フタを開けたところにあるナットは回り止めのプレートをマイナスドライバー等で叩き、専用工具を用いて緩めます。



こんなヤツです。#20と#24の2サイズで幅広く対応します。
緩める時も締め込む時もクラッチが空転するので、回り止め用の工具を使用するか、ギヤにウエス等を噛ませて回り止めしたりします。
ちなみに私はフライホイールと同様にコブラレンチで押さえました。

DSC_0035.jpg

肝心のオイルポンプがすでに外れてる画像ですが^^;

せっかくなんで、バラしたついでにオイルストレーナーを掃除しときましょう。
結構ゴミが溜まってました。外してパーツクリーナーで掃除。

DSC_0036.jpg

オイルポンプを強化した際は、オリフィス拡大加工というのをする必要があります。
せっかくオイルポンプの吐出量を増やしたのに、この穴が小さいままだと効果が発揮できないというわけです。
まぁ、心筋梗塞みたいなモンですかね?そしてオリフィス拡大はカテーテル手術みたいな?

上画像の位置のスタッドボルトを、ダブルナット噛ませて外します。

DSC_0038.jpg

ここの穴をΦ2mmのドリルで拡大します。くれぐれもドリルを折れ込ますようなヘマをせぬように^^;

後は新しいオイルポンプを組み付けてクラッチの方に移るわけですが・・・

結局オイルポンプの画像が無ぇwww

基本的に手が油でドロドロなんで、この手のネタは写真取り損ねるパターン多いですわな^^;

(〜続く)





スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

プロフィール

JAM

Author:JAM
念願のビルトインガレージ付きのアメリカン輸入住宅を新築しました!
ガレージ活動の記録も公開中。DIYの枠を超え、クリエイティブな活動を続けていきたいところです。金無ぇけどw

 
ブログランキング参加中
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
 
カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
FC2カウンター
 
カテゴリ
 
最新記事
 
最新コメント
 
最新トラックバック
 
リンク
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
 
楽天モーションウィジェット
 
楽天モーションウィジェット
 
amazon
 
amazon
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。